栃木県鹿沼市の「鍼(はり)・整体」専門ますぶち治療院
ますぶちマッサージ・はり・きゅう治療院

足裏の違和感(しびれ・感覚麻痺)

過去に施術した足裏の違和感(しびれ・感覚麻痺)の症例を一部ご紹介します。

 

足裏の違和感(しびれ・感覚麻痺)は主に坐骨神経痛に伴うものです。

足裏に囚われず、原因点への治療が重要です。

足裏の違和感の症例2

患者

30代 男性 (こちらもご参照ください:ブログ【鍼と足裏の違和感】)

来院

2016年5月

症状

何年も左足裏の感覚が鈍く、地面を踏む感触が左右で違う。

asiura02

治療内容と経過

[初診] 当初坐骨神経痛として施術するが、あまり変化なし。

施術は左足全体の緊張を鍼と活法で緩めていた。

通常は腰の緊張がお尻を緊張させて足に症状が出現するが、それとは異なるケースのよう。

そこでふくらはぎにある、足裏に関係する整動鍼法のツボに触れると非常に硬い。
ここを中心に3箇所硬いツボを念入りに緩める。
確認すると左右の感覚の差が縮まってきた。

[3診目] 同様の施術を行う。
一番硬いツボに対応するエリア以外は違和感が少なくなる。

使用した主なツボ

・合陽L 承筋L 承山L

考察

歩くお仕事でどうしてもふくらはぎが硬くなりがちです。

その環境が影響している症状でした。

再発防止にはストレッチ等で自己管理するか、定期的な治療が必要です。

足裏の違和感の症例1

患者

40代 女性 (こちらもご参照ください:ブログ【鍼×かかとの痺れ】)

来院

2016年5月

症状

強い坐骨神経痛により、右のかかとに痺れを感じる。触れても感覚が鈍い。

足はお尻からふくらはぎまで突っ張った痛みがある。

痺れる場所は、かかとの足の平の中央部。

asiura01

治療内容と経過

[初診] 両足の強烈な坐骨神経痛で治療中の方で、今回は右かかとの痺れを訴える。

 

まず坐骨神経痛に対する施術を行う。
整動鍼法で腰部のツボ3箇所に鍼をしてお尻と足の緊張を緩める。
この時点でかかとの痺れは薄らいでいた。

 

それからかかとに対する鍼を右手のツボに施すと、感覚が左かかとに近くなった。
左右差が落ち着くまで10分ほど待つ。
仕上げに活法の「坐骨上げ」で足全体をストレッチして終了。

同時に治療した症状

・坐骨神経痛

使用した主なツボ・活法

・腰眼R 殷門R 空りょうR 項強R

・坐骨上げ

考察

坐骨神経痛に伴う症状のうち、足首から先(足指や足裏)の症状は比較的取れづらく、時間と回数がかかります。

今回は一度の施術で著効を得ましたが、普通は何回かお時間が必要です。

  • 0289-62-3112
  • 地図
  • お問い合わせフォーム
  • 診療案内
    診療案内
  • 診療日カレンダー
    « 2018年12月»
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    • 休日
  • ツイッター
  • ますぶち治療院
  • ご来院地域
    鹿沼市 宇都宮市 日光市 栃木市 小山市 下野市 壬生町 上三川町 真岡市 芳賀町 高根沢町 さくら市 矢板市 塩谷町 那須塩原市
    などの地域から来院されています。
  • お気に入り
Twitter