栃木県鹿沼市の「鍼(はり)・整体」専門ますぶち治療院
ますぶちマッサージ・はり・きゅう治療院

五十肩

過去に施術した五十肩の症例を一部ご紹介します。

五十肩の治療

五十肩の活法(整体)

五十肩の活法(整体)の1例「扇・烏口腕筋の導引・三角筋のつかみ」

五十肩の鍼

五十肩の鍼(主に背中と腰のツボに)

五十肩・四十肩と呼ばれる肩の痛み。
動かした時だけでなく、じっとしていても痛み、ひどい時は寝ることもできなくなることも。

 

このような肩の痛みには、整体と鍼治療を併用する方法が一番効果があります
腰痛と同様に痛めている筋肉・経絡を見分けて動けるように施術していきます。

 

五十肩の施術期間は痛み出してからの日数に比例します。
腰痛よりは時間がかかりますが、しっかり順を追って施術していけば痛みが治まり、腕も動かせるようになっていきます。ご安心ください。

五十肩の症例7

患者

女性(50代)

来院

2017年5月

症状

腕を動かすと左肩がビーンと痛い。夜中も痛みで目覚める。
5ヶ月前から痛みだし、前も横も90度まで腕を挙げられない。
朝目覚めた時が痛くだるいが昼間は和らぐ。
ヴァイオリンを習い始めてから左肩をすくめていたのが原因か?
ホームページで五十肩の症例をみて来院。

治療内容と経過

[初診] 腕を挙げて痛む場所は肩の後ろ側、肩甲骨と肩の境あたり。
肩がやや前方に出ており猫背ぎみ。胸筋と肩甲骨まわりの筋緊張が強い。
腰のツボへの鍼で前方120度くらいまで挙げられるようになる。
[4診目] 背中の鍼で胸筋を、肩甲骨への鍼で肩を緩める。
鍼で可動域の調整をした後に活法整体で肩関節を開けていく。
[8診目] 膝や足首のツボを使い、腕が横からでも130度まで挙がるようになった。
[10診目] つっぱる感じとつっかえる感じが取れてくる。
前方160度、横145度くらいまで挙がるようになった。
問題ない右腕と同じとはいかないが、夜中の痛みもなくなり日常生活に支障なくなったので治療を終了する。

同時に治療した症状

なし

使用した主なツボ・活法整体

・腰眼L 肩貞L 志室L 申脈L T2(2)L
・肩の牽引 三角筋つかみ

考察

慣れない楽器のレッスンを頑張り過ぎたようです。
肩まわりの筋肉が前後とも凝り固まって肩関節を締め付けていました。
少しずつ可動域が広がり、つっぱり感・つまり感が抜けてきました。
夜中も痛みで目が覚めていたため「ここに来なかったら鬱になってたかも」とおっしゃってくださいました。

五十肩の症例6

患者

女性(60代)

来院

2016年9月

症状

3ヶ月前から左の肩が痛い。

腕を動かすと痛く、特に後ろに回そうとすると肩の前面に突っ張る痛み。
前方は150度、横は90度、後ろはお尻の位置までしか動かせない。
運転席のシートベルトを取るような動きでも痛む。
寝るときに左を下にすると朝が痛くて辛い。

50kata06

治療内容と経過

[初診] 主に痛むのは肩の前面。胸の筋肉のこりも強い。
まずふくらはぎへの活法整体1手と足首のツボに鍼を1本すると、前・横方向にはほぼ痛みなく挙げられるようになった。
次に胸筋を肘への鍼で緩めると、水平内転(シートベルトを取る動き)ができるようになり、後ろ回しもお尻から拳一つぶん上まで挙げられるようになった。
[2診目] 前方は大丈夫。横方向は90度で引っかかってから挙がる。後ろはまだまだ。
鍼で軸を整え、活法で胸筋を緩める。股関節を緩めても変化はなし。
[3診目] 腰と肘のツボと活法で肩を緩める。
[5診目] 生活に支障がなくなってきた。後ろ回しをメインに治療する。
肘を90度に曲げて後ろに回せるようにまでなった。
今後はこの良い状態をキープできるようにメンテナンスしていく。

同時に治療した症状

指の曲げづらさ

使用した主なツボ・活法

・足太陽L 腰眼L T1(2)L 孔最L
・承山上げ 肩の牽引 肩回し 烏口腕筋の導引

考察

主に胸の筋肉が凝り固まって、腕が動かし辛くなっていました。

腕をどの方向に動かしても胸の筋肉が着く肩の前面が突っ張って痛みを出してしまいます。
治療は①肩の軸を整える鍼と、②肩の可動域を広げる活法整体を併用して日常生活に支障がないレベルまで回復できました。

五十肩の症例5

患者

女性(50代)

来院

2016年4月

症状

娘の引越しで頑張ってから右肩が痛む。

特に寝ているときに腕を動かすと痛みが強い。

他に洗濯物を干すような腕を挙げる動きでも痛む。

治療と経過

[初診] 痛む場所は肩というより首の付け根(肩甲挙筋)。

固い肩周りの筋肉を活法整体で緩める。痛みは右上にして寝て、横から腕を挙げた場合だけになる。楽に動かせる範囲が増えた。

[2診目] まだ前回最後に残った動きで痛む。痛む場所も同じ。他の動きでは大丈夫。

活法整体で痛む場所を直接緩めても痛みは変わらない。

ということは原因は痛い所ではない。

ふくらはぎを緩めると挙がりやすくなるので、太もも~腰を緩めると痛みなく動かせるようになった。終了。

同時に治療した症状

なし

使用した主な活法

・肩のこり抜き 承山上げ カエル泳ぎ 等

考察

痛む肩に原因はなく、足腰のこりが肩を引っ張っていたケースでした。

なぜこの動きで痛むのか?と考えることで本当の原因が見えてきます。

原因でない肩にいくら施術をしても改善できなかったことでしょう。

五十肩の症例4

患者

女性(60代)[中程度]

来院

2015年11月

症状

半年ほど前から左肩の前側が痛む。痛む動作は前方・横・捻り・後ろに回すなど、ほぼすべて。特に腕を後ろに回す(エプロンを結ぶ)動作を訴える。

治療と経過

[初診] 症状が多く時間も経っているため鍼治療を選択する。座ったまま背中に3ヶ所、横になって腰に1ヶ所の合計4ヶ所で8割の痛みがとれて動かせる範囲も広がった。
[2診目](2日後) また痛みが戻ってきて、朝が辛い。左腕を下にして寝ないように伝えて、前回と同じ所に鍼をする。9割の痛みがとれる。
[3診目](4日後) 動かせる範囲は広がっている。まだ痛みはある。腰と足に3ヶ所、背中に3ヶ所鍼をする。動かせるようになってきたので整体でさらに可動域を広げる。
[4診目](11日後) さらに動かせる範囲が改善している。腕を伸ばしきるときに痛む。普通に動かす範囲ではほぼ大丈夫。背中と腰に5ヶ所、手に1ヶ所鍼をする。どの動きでも痛みはほぼ0になった。

同時に治療した症状

なし

使用した主なツボ・活法

・腰眼L 膝陽関L 志室L C5(1)L T2(1)L

・肩の牽引

考察

腕をどんな方向に動かしても痛み、本人も困り果てた症状でした。半年間放置したため筋肉にクセがついてしまい、痛みが戻りやすくなっていたのにも困りました。しかし動きを一つずつ修正していくことで痛みも運動制限も改善されました。

五十肩の症例3

50代 女性 [軽傷]
筋トレが趣味でがっちりしている。左腰と右肩の痛み。

 

[初診] 腰は2日前に急に痛みだした。思い当たる原因はない。肩より急性の痛みなので今回はこちらを施術する。
腰痛整体ですべて消える。腰のメンテナンスをレクチャーする。
[2診目](3日後) 腰ひねりで少し痛む感じは腰痛整体で消える。
右肩の痛みは半年前からで、朝と横から腕を上げるときが痛む。
肩まわりの筋肉が強すぎて肩の関節が狭くなり、筋肉が挟みこまれる状態。
このタイプは痛みが取れやすい。肩痛整体3手で痛みなく動くようになる。
肩まわりの筋肉をやわらげるようにストレッチをレクチャー。
[3診目](7日後) 腰ひねりで少し突っ張り感。整体ですぐ消える。
肩も前回の角度では痛まない。ちょっとしたタイミングで少し痛むが本人もそのタイミングがわからない。
肩の後ろと腰に反応がある。前回同様に施術する。
以後はセルフケアをしてもらう。

 

挟みこみサインがあっても炎症はなかったためスピード回復となりました。
このタイプの肩痛はけっこういらっしゃいます。
原因は肩まわりの筋肉の緊張です。これには痛みが解消した後のストレッチが有効です。

五十肩の症例2

50代 女性 [軽傷]
半年前から右肩が痛む。
あお向けに寝た状態でダンベルを持ち、腕を後ろに引いたときにピキッとなった。
それから段々と痛みが強くなり、今は後ろに手が回せない。
腕を伸ばせない。夜も痛みで眠れない。

 

[初診] 痛みと睡眠不足からイライラしている。
肩こりと肩痛の整体で前方100°→140°まで挙げられるようになる。
横も挙げやすくなり、後ろにも少し引けるようになった。
[2診目](1日後) 昨夜は痛みなく眠れた。そのせいか表情が穏やか。
昨日の施術に足の整体を加える。前方115°→160°。横80°→やや前方寄りに160°まで。
後ろも60°まで動かせるようになる。
とりあえず症状が和らげば良いということで、今回で終了。

 

見せ掛けの痛みが大きい例です。
衣が厚くて具の小さい揚げ物のようなものです。(痛みの本体が具)
こういった症状は回復が早めです。筋肉が固まっていないのも幸いでした。
ただし症状がまだ残っていますので、後々再発する恐れがあります。

五十肩の症例1

50代 男性 [軽傷]
右肩が動かすときに痛む。1週間前に仕事で荷物を持ち上げたときにグキッとなった。
その後2~3日して左足の付け根の突っ張っりがでてきた。

[初診] 腰から施術していく。股関節ではなく腰痛。右ひねり・後ろ反らしの痛みを腰痛の整体で消す。
右肩は関節内で筋肉を挟みこんでいる。関節を広げて動かせるように整体をおこなう。
痛みなく動かせるようになったので終了。

この方は挟みこみだけで炎症がなく、さらに痛みだしてから間もなかったため1回で回復しました。
腰痛は肩をかばう動作をしていたことで2次的に起きたものでした。

  • 0289-62-3112
  • 地図
  • お問い合わせフォーム
  • 診療案内
    診療案内
  • 診療日カレンダー
    « 2018年10月»
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    • 休日
  • ツイッター
  • ますぶち治療院
  • ご来院地域
    鹿沼市 宇都宮市 日光市 栃木市 小山市 下野市 壬生町 上三川町 真岡市 芳賀町 高根沢町 さくら市 矢板市 塩谷町 那須塩原市
    などの地域から来院されています。
  • お気に入り
Twitter