腰痛・膝痛・坐骨神経痛・股関節痛・寝違え・腱鞘炎には、ますぶち治療院の「整体と鍼(はり)治療」をおすすめします。
ますぶちマッサージ・はり・きゅう治療院
ブログ

【鍼×活法(整体)と坐骨神経痛②】

" 坐骨神経痛, 整体, 骨盤矯正, 活法, "

2016年3月22日

こんにちは、ますぶち治療院です。

 

前回に続き坐骨神経痛の症例です。
筋肉調整のほかに骨盤矯正も必要なケースでした。

 

痛み出してから3週間、患部もお尻だけという方です。
3~4年前にも痛んだことがあり、そのときは湿布で治まったそうです。
今度はなかなか治らないから…と来院されました。

 

患部は右のお尻です。
右足に重心をかけるような、右の足腰に負荷がかかる姿勢でビビッと痛みます。

160322

右重心でお尻が痛む坐骨神経痛。

右の骨盤も指の幅1本分くらい下がっており、体重が右足に乗りやすい形になっています。
仙腸関節(骨盤の関節)も押すと痛みます。
骨盤矯正も必要かな?と考えながら施術開始です。

 

坐骨神経痛の主犯となる梨状筋(お尻の筋肉)をメインターゲットとする王道施術をして、
それから仙腸関節の圧痛を施術していきます。

 

まず整動鍼法の手足のツボを使い施術しました。
そうすると梨状筋が柔らかくなり、痛みが10→5と半減しました。
ということは梨状筋以外の影響が半分残っています。

 

次に仙腸関節に対する肘と足のツボを使います。
患部が内股に移動したので背中のツボも1箇所とります。
最後に活法(整体)で骨盤の高さを整えて施術終了です。

 

来院したときより大幅に痛みが減少し、
右足に体重をかける姿勢が楽にできるようになりました。

 

このように梨状筋だけにフォーカスしても解決できない坐骨神経痛もあります。
逆に骨盤矯正だけで解決するのも無理です。

 

以前も述べましたが骨盤矯正万能説(骨盤諸悪の根源説)は正しくありません。
(参照【症状の原因は一つではない】)
適する症状を見極め、適切な場面で使うことで骨盤矯正が意味を持つのです。

この記事を書いた人

増渕 一成 (鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師)

栃木県鹿沼市出身

趣味は読書、熱帯魚、落語鑑賞。

活法研究会の提唱する碓井流活法(整体)と整動鍼法を施術の2柱としている。
活法研究会会員。

詳しいプロフィールはこちらから。

カテゴリー: 坐骨神経痛, 整体, 骨盤矯正, 活法, .
トラックバック URL :  | トラックバック(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 0289-62-3112
  • 地図
  • お問い合わせフォーム
  • ブログカレンダー
    2019年9月
    « 7月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
  • ブログカテゴリー
  • ブログアーカイブ
  • お気に入り
Twitter