栃木県鹿沼市の「整体・鍼(はり)」専門ますぶち治療院
ますぶちマッサージ・はり・きゅう治療院

花粉症

花粉症でお悩みの方に

花粉症

花粉症

このような方におすすめします

・薬があまり効かない、飲みたくない
・副作用で眠くなって困る
・妊娠中で薬が飲めない
・混雑する病院に通いたくない

・予約した時間に治療したい

鍼による花粉症治療は

・薬を使いません

・副作用がなく眠くなりません
・自然な治療なので体に優しい
・過剰なアレルギー反応を緩和します
・早い方は1クール目で症状が緩和します

このような症状に

・くしゃみ ・鼻水 ・鼻づまり ・のどの痛み ・頭が重い ・目のかゆみ など

花粉症の症状は人それぞれ

症状は人それぞれ

通院計画

花粉症は1回の治療では治まりません。治療した時は楽になっても、効果が持続できないのです。
治療の効果を長持ちさせて、楽な状態を安定させるためには計画的な通院が必要です。

 

6回の治療を1クールとして、週に2~3回のペースで通院します。
最初の1クールで症状が楽になるのを実感していただきます。
そこから1~2クール治療を重ねて効果を安定させ、症状ゼロを目指します。

 

治療期間は個人差があります。
傾向として、症状が軽い場合や、まだ花粉があまり飛ばない時期から治療を始めた場合は短いクール数で落ち着きます。
逆に症状が重篤な場合や、一年を通してアレルギー症状がある場合、花粉が大量に飛び始めてから治療を始めた場合は、より多くのクール数が必要です。

当院の花粉症治療の特徴

花粉症は鍼(はり)で治療します。しかし花粉症の症状が起きる顔面には鍼をしません。
顔面に症状を引き起こしている原因となるところに鍼をします。

 

人間の体はいろんな部分が連係プレーをして動きます。顔面も例外ではありません。
顔面は主に首肩の影響を大きく受けます。首肩はまた手足の影響を受けます。このため花粉症は手足のツボに鍼をして治療します。

 

簡単にいうと、花粉症は強い首肩こりが頭部顔面の熱を閉じ込めてしまう「渋滞」です。
花粉症はアレルギー反応で、アレルギーは炎症反応、つまり「熱」です。

治療は首肩を緩めて熱の脱出ルートを確保することです。
熱の脱出口はいくつかあり、そこを手足のツボで開いてあげます。
そうすることで頭部顔面から熱が下がりやすくなり、症状が緩和するのです。

関連記事

ブログ【花粉症の原因は“冷え”】

花粉症のツボ

花粉症治療で使用する主なツボです。
※顔には鍼をしません。

合谷

のどや顔面部に効果のあるツボです。

太衝

のどの違和感に効果のあるツボです。

承山

目や頭部に効果のあるツボです。

空りょう

頭部に効果のあるツボです。

肩中愈

肩こりの中心部です。

なぜ花粉症は起きるの?

花粉症(アレルギー性鼻炎)は鼻粘膜の即時型アレルギー性疾患です。
主な症状は発作性・反復性のくしゃみ、水様性鼻汁、鼻づまり、眼の異物感など。

 

原因はよく知られるように、スギなどの花粉(抗原)が鼻粘膜で免疫細胞(抗体)と抗原抗体反応を起こし、アレルギーの引き金となります。

免疫細胞から放出される科学伝達物質(ヒスタミン)が感覚神経を刺激してくしゃみが起きます。神経の反射で多量の鼻汁が分泌され、鼻粘膜の血管が拡張して鼻づまりを起こします。

栃木県には花粉症が多い?

花粉症に悩む方は全国平均で15.6%。北関東では21.0%という調査結果があります。
栃木県では5人に1人が花粉症に悩まされているのです。

 

花粉症の原因となるスギ・ヒノキ・ブタクサ等の花粉のうち、スギは約70%を占めます。これはスギ林の面積が森林の18%を占めるからです。

花粉症の主な原因はスギ花粉

主な原因はスギ花粉

そしてスギなどの風によって花粉を運ぶ植物は多量の花粉を作ります。
花粉が遠くまで運ばれるので花粉症の原因になりやすいと考えられています。
スギ山が多い栃木県が全国平均よりも発症率が高いのも頷けます。

  • 0289-62-3112
  • 地図
  • お問い合わせフォーム
  • 診療案内
    診療案内
  • 診療日カレンダー
    « 2018年4月»
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    • 休日
  • ツイッター
  • ますぶち治療院
  • ご来院地域
    鹿沼市 宇都宮市 日光市 栃木市 小山市 下野市 壬生町 上三川町 真岡市 芳賀町 高根沢町 さくら市 矢板市 塩谷町 那須塩原市
    などの地域から来院されています。
  • お気に入り
Twitter