栃木県鹿沼市の「整体・鍼(はり)」専門ますぶち治療院
ますぶちマッサージ・はり・きゅう治療院

不妊症

当院の不妊症治療の特徴

当院の不妊症治療は鍼灸と整体を組み合わせた独特の治療法です。

 

整体は古流整体「活法」
鍼は活法を基に生まれた「整動鍼」
この2つで赤ちゃんが居やすい「柔らかい身体」に整えます。
お灸は補助で使用します。

 

不妊症治療のメインテーマ

当院の不妊症治療のメインテーマは「柔らかくする」ことです。

 

想像してみてください。
あなたが赤ちゃんだったならば、自分が居たいと思うのはどんな環境でしょう。

 

寒いよりは温かく
カチカチよりはふわふわで
風通しが良くて穏やか。

 

そんな環境ならずっと居たいと思うのではないでしょうか。

赤ちゃんにもそんな環境を用意してあげれば妊娠の可能性が高まると思いませんか。

 

単純な話、誰でも年齢と共に身体は硬くなり、動きづらくなります。
年齢が上がると妊娠しづらくなるのはホルモン等の影響だけではなく、もっと単純な理由もあります。
この点を考えずに様々な科学療法をするよりも、先に「受けとめられる身体」を作ることが大切だと思います。これは男性も同様です。

不妊治療3つのステップ

不妊治療のステップは3つあります。

1 体調を整える

基本的なことですが、まず規則正しい生活で体調を整えます。
睡眠、食生活、ストレス源から距離を置く、等です。

2 動ける身体に整える

遠回りに思えるかも知れません。しかしここが重要です。
柔らかい身体=自在に動ける身体。そのために鍼灸だけでなく活法(整体)が必要なのです。

身体全体と子宮が収まる骨盤を柔軟にします。

3 お腹を柔らかく整える

それから本命であるお腹を柔らかくします。
子宮を含めた内蔵の緊張を、手足のツボを使って緩めます。
直接お腹に治療をしません。お腹には硬さのチェックで触れるだけです。

 

以上3つのステップで身体を柔軟で対応力のある、赤ちゃんが居やすい環境に整えます。

通院計画

不妊治療は1回では結果がでません。
治療するとお体の変化が実感できます。それが妊娠に結びつくためには計画的な治療が必要です。

 

6回の治療を1クールとして、週に2回のペースで通院します。
最初の1クールで症状が楽になるのを実感していただきます。
そこから数クール治療を重ねて妊娠を目指します。
1クール終わるたびに治療方針を検討し、よりお体に合った治療に修正します。

病院の治療との併用

病院での不妊治療と当院の治療は補い合う関係にあります。併用しても大丈夫です。

 

当院では排卵誘発剤の注射やエコー診断はできません。
しかし病院にはできない筋肉・内臓の緊張緩和などが可能です。
両方を上手に使ってください。

不妊症のツボ

不妊症で使用する主なツボです。

三陰交

女性疾患に効果のある有名なツボです。しかし使い方にはコツがあります。

元瑠

同じく生理痛などの女性疾患に使用します。子宮に作用するツボです。

陰谷

東洋医学で生殖作用を司る「腎」を整えるツボです。

腎愈

同じく「腎」を整えます。

下秩辺

同じく「腎」を整えます。

築賓

「腎」に繋がる背骨を整えます。

関連ページ

不妊症治療の症例

不妊症の症例ページ

関連ブログ

マタニティと活法&鍼

  • 0289-62-3112
  • 地図
  • お問い合わせフォーム
  • 診療案内
    診療案内
  • 診療日カレンダー
    « 2018年6月»
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    • 休日
  • ツイッター
  • ますぶち治療院
  • ご来院地域
    鹿沼市 宇都宮市 日光市 栃木市 小山市 下野市 壬生町 上三川町 真岡市 芳賀町 高根沢町 さくら市 矢板市 塩谷町 那須塩原市
    などの地域から来院されています。
  • お気に入り
Twitter