栃木県鹿沼市の「鍼(はり)・整体」専門ますぶち治療院
ますぶちマッサージ・はり・きゅう治療院

頭痛

過去に施術した頭痛の症例を一部ご紹介します。

 

頭痛は酷い首肩コリの延長線上に発生します。

頭痛の治療は痛む頭よりも、それを支える首と肩。そこから伸びる腕や背中への治療が重要です。

頭痛の症例2

患者

40代 女性

来院

2016年7月

症状

4日前から偏頭痛(片頭痛)が酷くなった。
右のコメカミ辺りにズキンズキンと勢いがある痛み。
何度か吐いた。今も目の中で光がチカチカする。
首肩のこり感も感じる。

zutu02

 

治療内容と経過

[初診] 首と背中を触れると頭痛の原因となるコリがいくつも見つかる。
そのコリに繋がる手足のツボを鍼で緩める。
片頭痛が和らいだ状態で、さらに肩こりの活法を2手加えるとさらに楽になった。
とても軽くなって終了。

同時に治療した症状

尾骨の痛み

使用した主なツボ・活法

・三陰交 合谷 曲池 孔最 空りょう 仙稜(すべて右)

・肩のこり抜き 神経ストレッチ(すべて右)

考察

たまに頭痛や肩こりで通院されていた方です。
今回は疲労のピークと来院のタイミングが合わず、治まっていた酷い片頭痛が再発してしまいました。
拍動性の頭痛に嘔吐・閃輝暗点(目のチカチカ)を伴う典型的な片頭痛でした。

再発はしましたが定期的にメンテナンスしていたお陰で速やかに治まりました。

 

片頭痛も緊張型の頭痛と同じで、酷い首肩コリの延長線上にあります。
頭には痛みの原因がありませんので痛む頭に鍼はしません。

頭痛の症例1

患者

40代 女性

来院

2015年6月

症状

2~3年前から後頭部とこめかみに締め付けるような頭痛が始まり、今では毎日感じる。

きっかけは事務でパソコン作業が増えてから。
首肩こりも強い(右<左)。お風呂で温まると少し楽になる。
眼精疲労と長時間同じ座った姿勢でいることが原因の筋緊張型の頭痛。
座り仕事なので腰も痛い。

zutu01

治療内容と経過

[初診] 頭だけでなく背中全体が張って硬い。
まずは頭の整体で全身の緊張を緩和し、それから首肩のこりを緩める。
それから首と腰にはりを1箇所ずつする。
全身が大きく緩み、頭痛も楽になったと言う。
[2診目](3日後) あれから頭痛は半分以下に弱まっている。
仕事柄、首肩がこりやすいので、施術プラス肩こりのセルフケアでメンテナンスしていくことにする。

その後、週2回→週1回→2週間に1回、と徐々に間隔を空けて良い状態を保つ。

使用した主なツボ・活法

・空りょうR T2(2)R

・肩のこり抜き 神経ストレッチ 肩回し 後頭骨のすり上げ

考察

頭痛には必ず首肩こりが伴います。
デスクワークや車の運転などで目が疲れると、首肩から頭へこりが上ってきて頭痛として現れます。
またキーパンチやハンドルを握るなど、手の疲れが原因になることもあります。
いずれの場合も首肩こりから治していかないと、なかなか治まりません。

この方は仕事が原因なので、今でも酷くならないうちに4~6週間隔で治療して良い常態を保っています。

  • 0289-62-3112
  • 地図
  • お問い合わせフォーム
  • 診療案内
    診療案内
  • 診療日カレンダー
    « 2018年10月»
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    • 休日
  • ツイッター
  • ますぶち治療院
  • ご来院地域
    鹿沼市 宇都宮市 日光市 栃木市 小山市 下野市 壬生町 上三川町 真岡市 芳賀町 高根沢町 さくら市 矢板市 塩谷町 那須塩原市
    などの地域から来院されています。
  • お気に入り
Twitter