栃木県鹿沼市の「整体・鍼(はり)」専門ますぶち治療院
ますぶちマッサージ・はり・きゅう治療院

疲れ目・かすみ目

過去に施術した疲れ目・かすみ目の症例を一部ご紹介します。

 

疲れ目・かすみ目は、頭・首肩のこりと関わっています。
疲れ目・かすみ目の原因は大きく①栄養不足、②筋肉疲労があります。
鍼や活法整体では②筋肉疲労からくる疲れ目・かすみ目を治療対象としています。
目のピントを調節をしている筋肉のこりを手足のツボで調整します。
顔や目に直接治療はせずに目の緊張を和らげていきます。

疲れ目・かすみ目の症例1

患者

女性(60代)

来院

2017年4月

症状

服用していた薬の副作用で左目から涙が出続けて目がかすむ。
常に膜がかかったようにボンヤリと霞んで見える。
買い物も商品がハッキリ見えず、車の運転も慣れた道でないと怖くてできない。
服用が終わっても出続けるので眼科に相談したところ、体内に蓄積された薬が涙となって排泄されているので出し切れば止まると言われた。
いつになったら止まるかわからず、日常生活が不便で気分も憂鬱。
少しでも改善できればと来院。
裸眼の視力は右が0.8、左は0.4。

eye00

治療内容と経過

[初診] 薬の副作用だが服用が終わっているため、普通の疲れ目・かすみ目として治療する。
目の緊張に作用する頭のコリを緩めるように足腰のツボに鍼をする。
[2診目] 涙の量が少し減って目を拭う回数が減った。
[7診目] この3週間で涙が止まって目がハッキリと見えるようになった。
先日1ヶ月ぶりに眼科に行ったところ、視力が両目とも1.0になり、涙も止まっているため治療終了と告げられたとのこと。

同時に治療した症状

肩こり

使用した主なツボ・活法整体

・後頭骨のすり上げ
・承山L 空りょうL T1(2)L 合谷L

考察

疲れ目・かすみ目は、頭・首肩のこりと関わっています。
これらを緩めてあげると目のピント調節や目を動かす筋肉の緊張が緩和されます。
肩こりの治療だけでも視界が明るくなるのはこのためです。
また頭・首肩の治療を続けていた方から緑内障による視野の歪みが改善されたと言われたこともあります。
目の症状には眼球以外の影響も大きいようです。

  • 0289-62-3112
  • 地図
  • お問い合わせフォーム
  • 診療案内
    診療案内
  • 診療日カレンダー
    « 2018年4月»
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    • 休日
  • ツイッター
  • ますぶち治療院
  • ご来院地域
    鹿沼市 宇都宮市 日光市 栃木市 小山市 下野市 壬生町 上三川町 真岡市 芳賀町 高根沢町 さくら市 矢板市 塩谷町 那須塩原市
    などの地域から来院されています。
  • お気に入り
Twitter