栃木県鹿沼市の「鍼(はり)・整体」専門ますぶち治療院
ますぶちマッサージ・はり・きゅう治療院

便秘

便秘の症例1

「数日コロコロ便しか出なかった便秘」症例

患者

女性(40代)

来院

2018年5月

症状

ここ数日、ウサギの糞のようなコロコロした便(兎状便)しか出ない。
便意を感じてトイレに入っても、ほとんどが臭いガスだけで、便通がない。しばらくがんばってもコロコロ便が出るか出ないか。
お腹が張って圧迫感で気持ち悪くなってきた。
生活やストレスの変化はない。便秘には時々なる。

治療内容と経過

生活やストレスの変化がないため生活面が原因ではない。
気温が乱高下する最近の陽気で自律神経が疲れたことで、大腸の働きが鈍くなったことが原因と考えた。

 

お腹を触れてみると、緊張して硬くなっている部分があった。そこを軽く押さえると嫌な痛みを訴える。大腸が緊張して動きづらくなっていることが推測できる。
治療方針は大腸の緊張を緩めること。

 

[初診] お腹の緊張を緩める効果のあるツボを、右足に1箇所、左足に2箇所選び、鍼をした。
鍼をする前からツボに触れているとお腹が動く感じがすると言う。
少し時間を置いて、再びお腹の硬かった部分を押さえると柔らかくなってきた。押さえられても嫌な感じがないと言う。
[2診目] 前回治療した翌朝、トイレに入ったところ、がんばらなくてもスルッと排便があった。しばらくぶりに気持ちよく出た。
前回同様の治療をして終了。

同時に治療した症状

なし

使用した主なツボ・活法整体

元瑠R 足三里 上虚巨L

考察

慢性化した便秘ではなかったこともあり、すぐに良い結果が得られました。
大腸・内臓の緊張は腹筋の硬さとして現れます。
この硬さを緩めることで大腸・内臓が動けるようになり、きちんと働いてくれるようになります。

  • 0289-62-3112
  • 地図
  • お問い合わせフォーム
  • 診療案内
    診療案内
  • 診療日カレンダー
    « 2018年11月»
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    • 休日
  • ツイッター
  • ますぶち治療院
  • ご来院地域
    鹿沼市 宇都宮市 日光市 栃木市 小山市 下野市 壬生町 上三川町 真岡市 芳賀町 高根沢町 さくら市 矢板市 塩谷町 那須塩原市
    などの地域から来院されています。
  • お気に入り
Twitter